読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双極性障害サバイバル

双極性障害と共に生きる40男が色々と情報を発信していくブログです。

「世界一やさしいアフィリエイトの教科書1年生」を読んで学んだこと

 こんばんは。ひろあきです。

 

 今回は先日読んだ染谷昌利さん・イケダハヤトさん共著の「世界一やさしいアフィリエイトの教科書1年生」を読んで学んだことをシェアしようと思います。

 

1日1記事3ヶ月更新でステージが上がる

 これはどういうことかというと、1日1記事更新を3ヶ月続けると約100記事になり、そのことにより、以下の効果が期待できるということです。

  • 検索エンジンからの流入が増加する
  • ブログを書くという行為が日常化する
  • 文章力が向上する

 

 自分の場合、このブログの記事が43記事目で、40日間連続更新となります。まだまだ検索エンジンからの流入が増えたり、文章力が向上したりはしていませんが、ブログを書くということが毎日の習慣にはなってきたような気がします。

 

アフィリエイトの新着案件チェックはネタ探しにもなる

 これはどういうことかというと、アフィリエイトサービスプロバイダで提供している案件の中から面白いサービスを見つけるとそれがそのままブログのネタになるということです。

 

 これは目からうろこだったので、これからアフィリエイトサービスプロバイダの提供している案件を一度時間のある時にくまなく見てみようと思います。

 

ブログで「毎年500万円稼ぐ」ために必要な考え方

 これはこの本のなかでイケダハヤトさんが言っていることで、以下の6か条です。

個人にファンをつけろ!

 これはまだまだ自分ができてない所ですね。読者様もまだ57人ですし。半年後には300人位にしたいですね。イケダさんはファンを獲得するのにもっとも必要な物は「文体の魅力」だと考えているそうです。自分もどんどん記事を書いていって、自分なりの文体を確立していきたいですね。

 

多様な収益源を確保しろ!

 イケダさんはブログの各種アフィリエイト以外にも、広告収入やサロン運営、有料note、Amazonキンドル本の出版など多様な収益源を持っています。そんなことができるのも、前項の「個人にファンをつける」努力をしているからと述べています。

 

 自分も将来的にはGoogleアドセンス、Amazonアソシエイト、アフィリエイト、BASEからの収益がバランスよくなればいいなと考えています(さすがにサロン運営はやらないです)。

 

金にならない記事も書け!

 これはまさにそうだと思います。イケダさんもそんなに金になる記事が全面に出ているわけではないですよね。自分の場合は金にならない記事ばかり書いているのですが…。

 

情熱の火を燃やし続けろ!

 自分も他の人のブログの記事を読むのですが、最近は書いてる人がつまらないと思いながら書いてる記事はわかるようになってきました。ただ、これが一番難しいことかもしれませんね。

 

 情熱の炎を燃やし続けるにはやはり自分の書きたい記事を書き続けていくしかないかなと思っています。

 

実験を繰り返せ!

 ここでいう実験とは、新しいマネタイズ方法の実験のことです。これはブログを更に続けていくうちに浮上してくるテーマだと自分では思っています。まずはブログを続けていくことが大事ですね。

 

本当にお勧めできるものだけを紹介しよう!

 これは本当に大事なことだと思っています。自分が読んでいるブログの中にも、単にアフィリエイトの収益目的で、商品を紹介してるんじゃないかと思ってしまう記事がよくあります。

 

 こういうことをやっているとブログへのモチベーションも下がりますし、中長期的に見たら読者も離れてしまい、収益も低下してしまうので絶対にやらないようにします。

 

まとめ

 その他にもA8以外のアフィリエイトサービスプロバイダの紹介や、GoogleアナリティクスやGoogleウェブマスターツールの活用法といった、ブログを運営していく上で役立つ情報でかつ自分が知らなかったことを学ぶことができて、なかなか良い本でした。

 

 これからブログでお金を稼ぎたいという人はもちろん、ネットなどで得た知識をもとに自己流でブログアフィリエイトをやってる方にも新たな発見がある本だと思います。

 

 それではまた。

 

 

世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生

世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生